キツラノビーチ

バンクーバーのビーチ紹介~海に囲まれた都市から

西海岸を代表する都市、バンクーバー。もちろんビーチはバンクーバー市民の憩いの場です。短く限られたバンクーバーの夏を満喫するため、晴天の日のビーチは常に人で溢れています。同じビーチといってもそれぞれの色や特色があるもの。今回はバンクーバーのビーチについてお話します。

★キツラノ・ビーチ

バンクーバーのビーチでまず欠かせないのがキツラノ・ビーチです。地元民からも「キッツ・ビーチ」と呼ばれ、海水浴、日光浴には定番のビーチとして知られています。ダウンタウンから公共バスで10分ほどの近場に位置し、夏にはたくさんの人々が集まり、テニスやビーチバレーの大会なども行われます。

キツラノビーチ

夏季限定ではありますが、売店などで飲食の販売もあり、ビーチのすぐ他なりには海水を使ったプールも開かれ、こちらも家族連れでにぎわいます。

海水プール

★レック・ビーチ

日本ではあまり考えられないかもしれませんが、カナダで最初の公認ヌーディストビーチです。ブリティッシュ・コロンビア州立大学(UBC)の近くにあります。

衣服の着用は選択制ということではありますが、実際にはレック・ビーチではほとんどが裸で過ごし、むしろ服を着ている方が恥ずかしくなる雰囲気があると言われています。

驚くことになかなか人気のあるビーチでもあり、専用のウェブサイトもあります。決して少人数が利用しているわけではないようです。興味のある人は、ぜひお試しを。

★スパニッシュ・バンクス

こちらもUBCの近くになりますが、浅瀬で子供たちが遊びやすかったり、犬のリードを外していいエリアなどがあり、家族でバーベキューをしたりしてゆっくり過ごすビーチと言えるかもしれません。

ゆっくりとリラックスしたい時や、夕日がゆっくりと落ちる様子を見に足を運びたいビーチです。

★イングリッシュ・ベイ

名前にビーチはつきませんが、バンクーバーを代表する海岸です。

ダウンタウンからちょうどスタンレーパークに入る手前に位置し、季節を問わず多くの人で賑わいます。特に夏に行われる花火大会のメイン会場であり、バンクーバー中の人たちが足を運びます。

★バンクーバーの花火大会について

ビーチにちなんで花火大会の話をすると、夏のバンクーバーは日が落ちて暗くなるのが9時半くらいになるので、花火は夜の10時まではじまりません。

夜の花火

花火大会の日の交通機関は毎年マヒ状態で、鑑賞スポットが家から歩いて行ける場合でない限り、深夜の帰宅は必須です。

それでも、毎年恒例の行事であり、たくさんの人がその日を楽しみにしています。

当日には友達と早めに待ち合わせをしてビーチや見物スポットの場所取りを始めます。

花火大会はラジオ実況されていて、花火の演出効果として音楽が生放送されます。20分間ほどで日本の花火大会よりも少々短い花火大会ですが、音楽を聴きながらの花火鑑賞は一味違う幻想的な雰囲気を味わえますよ。