カナダの寿司

バンクーバーの寿司事情~日本のお寿司とはやっぱり違う!?

今や世界で知られる日本語の一つとなった寿司。しかしながら、私たちが思い描く寿司と、世界で知られるSUSHIには違いがあるようです。今回は日本人にはあまり知られていないバンクーバーのSUSHI事情についてお話しします。

バンクーバーに限らず世界の様々な都市でジャパニーズ・レストランは大人気です。バンクーバーでも至る所でSUSHI、TEMPURA、最近ではRAMENの看板を見かけるようになりました。

カナダの寿司

しかし、日本で提供されているものをイメージしてお店に入って注文すると、思っていたものと違ったものが出てきて、一気にテンションがさがってしまうなんてこともしばしば。

中には日本人経営者による、れっきとした和食を提供してくれるお店もありますが、バンクーバーにあるジャパニーズ・レストランがそうでないお店も多いということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

見よう見まねできちんとした知識もないまま、他国出身の方が作っている場合も多く、日本人から見ると少し変わった和食が現地では市民権を得てしまっている場合もあります。

日本人としては少し複雑ですが、これも異文化の融合を繰り返し、新しい文化を作っていくバンクーバーならではの産物なのかもしれません。おそらくこれは和食に限ったことではなく、様々な国のレストランにも同じことが言えることでもあると思います。

バンクーバーの寿司屋の店舗数は日本の東京のそれよりも多いとも言われています。

「食べ物の中で一番好きな食べ物はお寿司!」

と答える現地の人たちも多くいます。

でも、どんな寿司が好きなのかと聞くと、答えはカリフォルニアロールだったり、スパイシー・ツナロールだったり……。

日本人からすると、それは正当な寿司ではないのですが、世界的にはれっきなSUSHIとして認識されているのが実情です。

バンクーバーは他の地域に比べると比較的材料も手に入りやすい環境にあると思いますが、それでも鮮魚の種類となると非常に限られています。

SUSHIとして生で一般的に食べられているのは、サーモン、ツナ(マグロですが、日本と異なり赤色ではなく白色のものが一般的に使われています)が主流です。

また、日本のように握りが寿司の代名詞ではなく、ロールと呼ばれる巻物が主流であるという違いもあります。

しかも日本の巻きずしのように海苔を外側にまくのではなく、内側に入れて巻く、外巻きという方法が一般的です。

いくつか理由はあるかもしれませんが、海苔の黒色が前面に出る巻き方ではどうも食欲がわかないというのが理由の一つだそうです。

海苔を子供の頃から当たり前に食してきた日本人には海苔に抵抗があるというのはいまいちわかりませんが、外巻き寿司はどうにか見た目を工夫しようとした先人の知恵なのかもしれません。

日本の寿司ではなく、これがバンクーバーのSUSHIなんだと違うものとして認識すれば、それなりにおいしいものですし、異文化交流として受け入れてみるものいいと思います。